久々の訪問

朝からご機嫌な我が子‥‥寝起きも最高に良くて、6時から一人遊びをしていました。
声を出し、何だか楽しそうで邪魔してはいけないと声を潜めて様子を伺ってしまいました。
何を見て、何を感じているのでしょうか。
あんなに楽しそうなので、きっと良いことでも考えているのでしょうね。
しばらくすると飽きてしまったようで、私を呼ぶように少しぐずって様子を伺っている姿を見ると、すぐにでも駆け寄って話しかけたい衝動にかき立てられますが、ここはグッと我慢をしてしまいます。
少し諦めつつもまだぐずっているので、思わず声をかけてしまいました。
まんまと我が子の思惑にはまったのです。そんな駆け引きを楽しんでいます。
今日は午後から近所に住む叔母といとこが、我が子に会いにきてくれました。
生後6日にあって以来だったので、大きくなった姿を見に来てくれたのです。
今週には家に帰ってしまうので、最後に会いにきてくれたので嬉しいです。
ずっしりと重くなった我が子を抱っこして、「可愛い」としきりに言ってもらって我が子は大満足。
みんなに祝福されてきて産まれてきたことを、我が子が物心ついたら存分に教えたいと思います。
いつも叔母は家にくる時に、『葦』のケーキを買ってきてくれるのですが、どんなケーキでも美味しいです。お薦めです。

出産祝い

今日は実家に親戚が、我が子に会いにきてくれました。
こんなこともないとなかなか会えないので、とても嬉しかったです。
私の母も父もいたので、色々と話に華を咲かせることが出来ました。
その間、我が子はマイペースにも熟睡中で‥‥起きたのはほんのわずかの時間だったので抱っこもしてもらえず残念でした。
2時間ばかりの訪問でしたが、あっという間に時は過ぎ、帰る時間になりました。
私はせっかく来てもらったのでお見送りに玄関まで行きました。
我が子は母に見てもらっていて‥‥リビングに帰ると母が「お祝いはもらった?」と一言聞かれ、もらっていないと答えると、怒ってしまいました。
私は来てくれただけでありがたかったのですが。
でも訪問する側としては、手ぶらで出産祝いにくるとは非常識だそうです。
まして40歳も越えた人が、お祝いを持ってこないというのも。
私の母は怒りが収まらなかったようで、早速祖母に愚痴っていました。
身内とはいえ、世の中には色々な考えの人がいるなと感じました。
お祝いを持ってくるということを知らなかったのか、忘れたのか定かではないですが、揉め事が苦手な私にとっては穏便にことが済むことをひたすら祈っています。
こんなことを1日の終わりに書くのは、私も心のどこかでお祝いを期待していたのかもしれません。
はぁ‥‥なんてがめつい私なんでしょう。

生後3週間目

今日で我が子は生後3週間目に突入しました。
最近は、表情が豊かになった上に激太り?してしまって‥‥ほとんど母乳で育てているのですが、自分ではどのくらい出ているのか分からないので、欲しがったら欲しがった分だけあげてしまっています。
病院では、左右で5分ずつ2セット以上、乳首をくわえさせると教えられていました。
しかし、我が子は小さく生まれたせいか、1セットで眠りについてしまうのです。
その為、明らかに1回の哺乳量は少ないはずなのです。
その為、今は1時間おきくらいに目を覚まし、お腹を空かせてしまいます。
少しずつ大きくなったら感覚も開いてくるかなと思いつつ、さすがに1時間おきの授乳は他のことが何も手につかないので大変です。
夜は少し手を抜こうと思い、寝る前だけは、ミルクを与えることにしました。
決して母乳が足りていない訳ではないのでとても不甲斐ないです。
ミルクは腹持ちが良いとあって、3時間以上は寝てくれるので、少し休めて有り難いです。
それと、いつも以上に増して、手足をバタつかせるようになりました。
新生児ってほとんど動かず寝ているだけと思っていたのですが、我が子は違うようです。
眠りが深い時以外は、常に手足が動いています。とにかく元気なのです。
歩き始めたら、物凄いスピードで動くのではないかと今からヒヤヒヤしています。